読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都健康コンシェルジュ通信

京都生まれ京都育ちの健康コンシェルジュ、少食アドバイザー三双としろうのブログ

【美味しいカニ食べて復興支援】

おはようございます


京都の
三双(さんそう)です


地震や台風で
被災された世界中のみなさま
心よりお見舞い申し上げます


昨日のニュースから
鳥取県、観光復興へスクラム ツアー割引の国補助金に上積み

 鳥取県中部地震による風評被害の払拭を目指す観光庁の「鳥取応援プログラム」と連動した県の観光復興策が動き出す。県内観光地の低迷した状況は徐々に通常に戻ってきているが、大胆な施策で誘客に加速をかける。

 目玉になるのは「とっとりで待っとりますキャンペーン」。旅行会社が企画する同県へのツアーで、1人当たり2万円以上の旅行について1万円を割り引く。

 財源として同プログラムの補助金1億円に、県が5千万円を上積み。1万5千人分が割引対象となる。県は11月定例議会補正予算案を追加提案した。

 割引するのは、平成29年1月10日~3月20日催行の県外発ツアー。県内に1泊以上宿泊し、宿泊エリアとは別の県内エリアの観光施設を1カ所以上周遊するのが条件。予算案が可決されれば、19日から旅行会社の申請を受け付ける。早ければ1月上旬頃には、カニシーズンに間に合う形で、ツアー参加募集が始まる見込みだ。

 同プログラムではこのほか、倉吉市の伝統的な街並みとポップカルチャーを組み合わせた旅行商品造成▽メディアの鳥取招請-などを実施。県が実施しているバスツアーへの支援や、三朝町、湯梨浜町などが取り組む宿泊クーポン・プレミアム商品券の発行などの施策との相乗効果で、観光風評被害解消を図る。

 同地震以降、鳥取県内の宿泊施設では、12月1日現在でキャンセルが4万4459件発生。12月に入り、新規予約がようやく回復してきた状況という。

 

国をあげての取り組みです。

カニの美味しい時期ですのでぜひ。


地震で被災された方々が
一日も早く安心して
暮らせることを願ってます

最後までお読みいただき
ありがとうございました

京都で不動産のことなら
生活習慣病でお困りなら
お問合せください
casadefushimi@gmail.comまで
三双敏郎
#地震