読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都健康コンシェルジュ通信

京都生まれ京都育ちの健康コンシェルジュ、少食アドバイザー三双としろうのブログ

【ムネリンも支援に】

おはようございます


京都市伏見区
大家の三双(さんそう)です


地震や台風で
被災された世界中のみなさま
心よりお見舞い申し上げます


昨日のニュースから
「想像を超えていた。ショック」ムネリンが熊本地震の復興支援 仮設訪問や野球教室

 今季米大リーグのカブスでプレーした元福岡ソフトバンクホークス川崎宗則選手(35)が10日、熊本県益城町などで熊本地震からの復興を支援するイベントを行った。同町の木山仮設団地を訪問後、藤崎台県営野球場で県内の小学生約120人を相手に野球教室を実施。震災の爪痕を目の当たりにし「想像を超えていた。びっくり。ショック」。被災者を思い「必死で生きて今、笑顔で頑張っているけど、これからもまだまだ大変。忘れてはいけない」と強調した。

 同仮設住宅で暮らす實取(みとり)澄子さん(74)は「以前から好きだった」という川崎選手からカレンダーの裏にサインをもらった。現在は半壊した自宅の解体を待っている状況という。集会所での交流では来季所属先が未定の川崎選手へ、日本球界復帰を期待する声も上がったが實取さんは「もう1年(米球界で)頑張って。今しかないもの」とエールを送った。

 野球教室に参加した益城中央小6年の村上叶多(かなた)君は「川崎選手は面白くて、うまくて、格好良かった」と笑顔。本来の練習場所だったグラウンドが地震の影響で使えなくなり、別の場所での練習が続くが「中学、高校と野球を続けて、プロ野球選手になって活躍したい」と夢を膨らませていた。

現場見られた方のコメントは力強いです。

ありがとうございます


地震で被災された方々が
一日も早く安心して
暮らせることを願ってます

最後までお読みいただき
ありがとうございました
ひとり暮らしをたのしく快適に

 

京都市伏見区西尼崎町894-2
カーサ・デ・伏見
casadefushimi@gmail.com
#地震