読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都健康コンシェルジュ通信

京都生まれ京都育ちの健康コンシェルジュ、少食アドバイザー三双としろうのブログ

【年の瀬も行とおっしゃるあなたへ】

おはようございます

 

ひとり暮らしを応援します
京都市伏見区
マンション大家
三双(さんそう)です

 

いつもブログをご覧いただき
ありがとうございます

 

地震や台風で
被災された世界中のみなさま
心よりお見舞い申し上げます


今日は
六波羅蜜寺 空也踊躍念仏(くうやゆやくねんぶつ)をご案内します

念仏の祖・空也上人が始めた踊りで「かくれ念仏」とも言われます。

鎌倉時代に流行した念仏を危惧した幕府は、念仏を唱えることを制限しましたが、「かくれ念仏」は、空也上人以来の法灯を絶やさないための、苦肉の策として密かに修められた行で、この念仏は「南無阿弥陀仏」という言葉を聞かれてもわかりにくく変えてあり、人が来たらいつでも止められるよう、詞に終わりが定められていません。

しかしその動作・所作は空也上人の当時のままを守り続けており、重要無形民族文化財にも指定されています。

期間中は毎日、日が暮れるころに約30分間念仏が唱えられます(ただし、12月31日は非公開)。

■ イベント詳細

会場 六波羅蜜寺
日時 2016/12/13(火)~12/31(土) 16:00頃~  ※31日は非公開
住所 京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81-1
交通
・市バス「京都駅」より206系統にて「清水道」下車、徒歩7分 
京阪電車清水五条駅」下車、徒歩7分
阪急電車河原町駅」下車、徒歩15分

駐車場 なし
料金 境内無料(宝物殿は大人600円、大高中学生500円、小学生300円)
お問合せ先 六波羅蜜寺 075-561-6980
ホームページ
六波羅蜜寺 http://www.rokuhara.or.jp/


年の瀬を飾る行事です。

観光の際にぜひお出かけください。

行と言えばこちらも↓

 

一日一生 (朝日新書)

一日一生 (朝日新書)

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます


京都市伏見区西尼崎町894-2
カーサ・デ・伏見 三双(さんそう)
casadefushimi@gmail.com